FC2ブログ
ジャズだよ!ジャズだよ!
ジャズのCDやDVD大紹介。
ランキング上位



最近の記事





最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デューク・エリントン
A列車で行こうA列車で行こう
デューク・エリントン
BMGファンハウス
発売日 2000-09-20




全盛時代のエッセンス 2005-04-06
バンドが私の楽器だ、とはエリントンの有名な言葉。絵筆の代わりに5線譜で、空間のキャンバスに数多くの壮大な絵を描いた、空前絶後の20世紀アメリカを代表する作編曲家にしてピアニスト、デューク・エリントンの、主として1940年代前半の名演奏を集めた傑作集がこのCDだ。
スウィング時代を通じて一般的な人気には縁のなかったエリントンだが、この時代の彼のバンドは、クーティ、ビガード、ファン・ティゾール、ブラウンに始まりベン・ウェブスターそしてジャズ史上最大のベーシスト、ジミー・ブラントンまで擁していたのだ。
バンドのテーマ曲でもあった有名な1.を初め、いずれの曲もエリントン楽団を代表する名曲名演ばかりだ。

Such Sweet ThunderSuch Sweet Thunder
Duke Ellington & His Orchestra
Tristar
発売日 1999-04-27




エリントンとシェイクスピアの偉大な邂逅 2004-08-07
エリントンはやっぱり凄い!アルバム1枚を丸々シェイクスピアに捧げてしまった。タイトルナンバーが本当に「リア王」に触発させられたにしても、一度聴いたら忘れられない異様なアンサンブルは、真っ黒なエリントンミュージックそのものである。これに対抗するのが、「ロミオとジュリエット」の「THE STAR-CROSSED LOVERS」。この曲は数あるエリントンナンバーの中で、ジョニー・ホッジスがソロをとる最も美しい曲であろう。このアルバムの中で、異なる時代の全く相反すると思われる文化が見事に溶け合っている。これを奇跡と呼ばずしていったい何と呼ぶのか?


さらに詳しい情報はコチラ≫



First Time: The Count Meets the DukeFirst Time: The Count Meets the Duke
Duke Ellington with Count Basie's Orchestra
Columbia/Legacy
発売日 1999-04-27




公爵と伯爵の競演!! 2005-08-16
1961年7月の録音です。言わずと知れた二大ビッグバンドの、まさしく夢の共演です。36ページもあるブックレットの中の、談笑してるお二人(もちろん、エリントンとベイシー)をニヤッと笑って見てるグリーン、これだけで、ファンも『ニヤッ!!』でしょう!!僕はこれだけで腹いっぱいです!ライバル意識は当然あったでしょうが、双方、実力を認めあっていたのでしょう、違う個性が上手くまとまっています。例えば4曲目の『コーナー・ポケット』(ご存知、ベイシー・オーケストラの超有名曲です)では、なんとソロをエリントン・オーケストラのクックとゴンザレスが吹いてます。そして、『A列車で行こう』(10曲目)では、ベイシーが作曲者のストレイホーンにピアノの席を譲るというハプニングもあり、本当に楽しい内容です。お薦めの1枚です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



Black, Brown and BeigeBlack, Brown and Beige
Duke Ellington
RCA
発売日 1999-04-27




「ジャズ」という狭いジャンルの中にはとどまっていない 2004-08-12
デュークの発言を丹念に探っていくと、「カテゴリー」に対して嫌悪を示していることが多い。その「カテゴリー」とは言うまでもなく、我々が便宜上、ジャズとかクラシックとかロックと呼んで音楽を分類していることを言う。さらにはスウィングだとかモダンだとかフリーなどという分類は彼にとっては論外なのだ。このアルバム聴けばそれがよくわかる。6章からなる組曲であるこのアルバムは少なくともジャズではない。もちろんクラシックでもない。それではいったい何なのか?答えは、「デューク・エリントンの圧倒的な個性に彩られた偉大なるブラックミュージック」。はじめて聴くひとも、何度も聴いたひとも、あらゆる先入観を捨ててこのアルバムに向かい合い、4曲目のマヘリア・ジャクソンの圧倒的な歌唱にもう一度ノックアウトされよう。さらに次の曲のレイ・ナンスの優しすぎるヴァイオリンに涙しよう。50年近くも前に録音されたはずのこのアルバムはまったく色あせていない。こんな素晴らしい音楽を創造してくれたデュークに感謝!!


さらに詳しい情報はコチラ≫



Good Music! Good Price!シリーズ エリントン・ミュージック Vol.1Good Music! Good Price!シリーズ エリントン・ミュージック Vol.1
出演:デューク・エリントン
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2005-10-02





さらに詳しい情報はコチラ≫



Good Music! Good Price!シリーズ エリントン・ミュージック Vol.2Good Music! Good Price!シリーズ エリントン・ミュージック Vol.2
出演:デューク・エリントン
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2005-10-02





さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazz02.blog62.fc2.com/tb.php/1-a99bbd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。