FC2ブログ
ジャズだよ!ジャズだよ!
ジャズのCDやDVD大紹介。
ランキング上位



最近の記事





最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.J.ジョンソン
ダイアルJ.J.5ダイアルJ.J.5
J.J.ジョンソン
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 1997-03-01


J.J.ジョンソンというと個人的にはカイ・ウィンディングとの2トロンボーン・チーム、J&Kを真っ先に思い出すが、50年代後半から60年代にかけて率いたレギュラー・クインテットも素晴らしかった。テナー&フルートのボビー・ジャスパーとの2管編成で、リズム隊はトミー・フラナガン、ウィルバー・リトル、エルヴィン・ジョーンズという顔ぶれ。余談ながらフラナガンの名作『オーヴァーシーズ』は、このバンドがヨーロッパ・ツアーを行なった際に、リズム・セクションだけで録音した作品だ。
で、本作だが、そのレギュラー・クインテットの最高傑作である。J.J.の流麗なトロンボーン・ソロをたっぷりと聴ける内容で、まさに熱演の連続。エルヴィンのダイナミックなドラミングにも興奮させられる。トロンボーンは扱いの難しい楽器だが、J.J.はそれを完全に自分の体の一部にしている感があり、驚異的なテクニックに感嘆、そしてあふれんばかりのアイデアには、ため息が出る。これはトロンボーンを志す人、トロンボーンの魅力に触れたいと思っている人にとって、バイブルともいえる作品だ。(市川正二)

耳を疑う 2004-11-03
米国のトロンボーン奏者J.J.ジョンソンのアルバムです。ジョンソンといえば、いまだに並ぶ者が無いほどの孤高の存在(トロンボーン奏者として)ですが、ここではそのテクニックが遺憾なく発揮されています。素早い動き、歯切れの良いスタッカート、くっきりとした音程、これがトロンボーンの演奏なのかと耳を疑うほどです。また脇を固めるメンバーも最高で、リーダー抜きの演奏(トリオとカルテット)が2曲も入っています。

ジ・エミネントJ.J.ジョンソン Vol.2ジ・エミネントJ.J.ジョンソン Vol.2
J.J.ジョンソン
東芝EMI
発売日 2005-09-22





ジ・エミネントJ.J.ジョンソンVol.1ジ・エミネントJ.J.ジョンソンVol.1
J.J.ジョンソン
東芝EMI
発売日 2005-06-08





We'll Be Together AgainWe'll Be Together Again
Joe Pass with J.J. Johnson
Pablo/OJC
発売日 1996-10-01





スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazz02.blog62.fc2.com/tb.php/10-512f9bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。