FC2ブログ
ジャズだよ!ジャズだよ!
ジャズのCDやDVD大紹介。
ランキング上位



最近の記事





最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ・アームストロング
ハロー・サッチモ!~ミレニアム・ベストハロー・サッチモ!~ミレニアム・ベスト
ルイ・アームストロング
ユニバーサルクラシック
発売日 2001-02-25


サッチモの朴訥とした歌声を耳にすると、なぜか心がなごんでくる。トレードマークのしわがれ声にはヒーリング効果があるようだ。サッチモことルイ・アームストロングはジャズ史上最高のジャズマンだけど、ジャズなんて知らないという人たちからも熱烈に歓迎、支持されている。まさに20世紀を代表するジャズのキングであり、同時にスーパー・エンターテイナーでもある。それだけにヴォーカルに焦点をあてたベスト盤は各種出ているけど、これは21曲入り、しかもヒット曲をほぼ網羅した内容という点がうれしい。ヒット・チャートを賑わした50~60年代のヒット曲だけでなく、30~40年代の録音も含まれている。一番古い録音は38年録音ので、これはその後映画『五つの銅貨』でダニー・ケイとデュエットした曲。デュエットといえば、エラ・フィッツジェラルドとのデュエットが2曲入っているのも魅力だ。とがそれで、後者はオスカー・ピーターソン・トリオとの共演。なお、藤子不二雄Aが書き下ろしたジャケットの似顔絵も素敵です。(市川正二)

心地よい一枚です 2005-03-20
 親父の代からのジャズファン、サッチモの声が子守唄という私にとって、サッチモ(ルイ・アームストロング)ファンならずとも、この芸術性とエンターテイメントの融合を評価しない人がいるの?と聞きたいくらいです。
 あの絶品のラッパも、あの深くやさしいだみ声も、幼い頃の私にとって、とてもとても気持ちの良いものでした。それがサッチモだと気づくのには、もちろん、相応の時間が必要だったのですが・・・。
 親父が残してくれたLPと比べても、このCDはリマスタリングの状態が比較的良く、誰にでも安心してお勧めできるCDです。
 多少、古い音源も混じっていますが、私なんかはそれで損をした気分になるどころか、サッチモ独特の暖かい雰囲気に包まれて得した気分になるので、音質が悪いことを理由に減点できない珍しい一枚です。 ラッパの神様に興味があるなら、ぜひお勧めしたい一枚です。
エラ・アンド・ルイエラ・アンド・ルイ
エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング
ユニバーサルクラシック
発売日 2003-04-23


J.A.T.P.コンサートの主宰で知られるヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツは大物同士の共演盤を数多く録音したが、なかでもエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングの共演盤は白眉といっていい。なにしろジャズ・ヴォーカルのファースト・レディとジャズ・ヴォーカルの元祖でありキング・オブ・ジャズの顔合わせである。これ以上贅沢なデュエットはちょっとほかに思いつかない。
ここでの2人は終始リラックスしたムードで淡々とデュエットを行なっていて、聴く者を心底なごませる。その歌声は素朴で暖かく、なにか歌の原点にふれたような気分になる。曲はすべてスタンダードなので、その点でも親しみやすい。あのエラがルイの前では愛らしい乙女のように映るから不思議だ。ルイの輝かしいトランペットも聴ける。バックはオスカー・ピーターソン・トリオにバディ・リッチを加えたカルテットで、これまた文句のつけようがない布陣。録音は1956年。このアルバムが評判になって、翌57年には続編の『Ella & Louis Again』が録音された。(市川正二)

おすすめです 2005-06-23
旧き良き時代のライブハウスという感じでとてもいいです.音だけなのになぜか映像までが想像できてしまいます.本当にほのぼのして,今はやりの『癒し』効果もある気がします.


サッチモ・シングス・ディズニー(デジタル・リマスター盤)サッチモ・シングス・ディズニー(デジタル・リマスター盤)
ルイ・アームストロング
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2001-07-18




親子三代サッチモ小父さん大好き 2005-03-21
 親父の代からのジャズファンで、サッチモのラッパとだみ声を
聴くと、まるで子守唄を聴いているようにほっと安らいでしまい
ます。 親父の遺した結構な量のLPを再生するに、アナログプレーヤー
を担ぎ出すのもめんどくさく、しばらく聴いていませんでしたが、
サッチモのベスト盤CD「ハロー・サッチモ」を購入し聴いてい
たら、5歳になる息子が「これは誰のお歌?誰が歌っているの?」
と興味津々。イマドキのポップスにはほとんど興味を示さないの
で、不思議な感じ。 血は争えないのか、それともサッチモはその突き抜けた芸術性
とエンターテイメント性で5歳児すら魅了してしまうのか。 当然のことながら、サッチモ小父さんがディズニーを歌う、親
子で楽しめるこのアルバムも買いです。


THE BEST 1200 ルイ・アームストロングTHE BEST 1200 ルイ・アームストロング
ルイ・アームストロング
ユニバーサルインターナショナル
発売日 2005-06-25





What a Wonderful WorldWhat a Wonderful World
Louis Armstrong
Verve
発売日 1996-02-27




Satchimoの "We Shall Overcome" が聴けます!! 2004-12-18
この曲は、天国への旅立ち一年前、Bob Thiel による企画で 版に収録された内の曲であり、ほんの数枚の CD にしか見いだせない希少曲です。
歌うのもやっとの体調状態で、まさに最後の記念すべき録音といえます。
ピ-ト・シ-ガ-もいいですが、聴いてください "サッチモの魂の叫びといえるボ-カルを”、感動はじわ-っときます。


サッチモサッチモ
出演:ルイ・アームストロング
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 2002-04-10





ニューオリンズニューオリンズ
出演:ルシアン・アンドリオット /ルイ・アームストロング /ビリー・ホリデイ
ビデオメーカー
発売日 2003-06-25




ジャズの草創期 2005-06-21
1900年代初頭、ジャズがまだ市民権を得ていなかったころ、ニューオリンズのクラブではルイ・アームストロングなどのジャズ奏者が演奏していた。ところが、ある交通事故をきっかけに、ニューオリンズではジャズの演奏ができなくなり、クラブの経営者はシカゴに新たなクラブを開業し、アームストロングもそこに拠点を移すことになる。その後、ジャズはしだいに世に認められる音楽になっていくのだった。
ルイ・アームストロングが本人役で、ビリー・ホリデイがメイド役で出演しています。当時のジャズをふんだんに聴くことができる楽しい作品です。


20世紀の巨人 偉人列伝 ルイ・アームストロング~ジェームス・ブラウン他 サウンドとリズム20世紀の巨人 偉人列伝 ルイ・アームストロング~ジェームス・ブラウン他 サウンドとリズム
出演:エディット・ピアフ /ジェイムス・ブラウン /ルイ・アームストロング /レナード・コーエン /フレッド・アステア
アイ・ヴィー・シー
発売日 2003-07-25





スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazz02.blog62.fc2.com/tb.php/2-2ff5e4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。